• SEO
  • 2019.07.31

【脱初心者】おすすめSEOプラグイン5選と知っておくべき注意点【3分で理解】

  • ワードプレスでブログを始めたけど、SEOプラグインって一体なんなの?
  • どのSEOプラグインがおすすめなのか知りたい!
  • 実際に使用するときの注意点があったら教えてほしい

コンテンツマーケティングを行うにあたって、Webサイトをワードプレスで運用している企業も増えてきました。HTMLなどの知識がなくてもサイトを簡単に構築できたり、多くのプラグインを利用できる点が非常に優れています。

 

しかし、サイト運営を始めたばかりだと、プラグインの種類が多すぎてどれを選ぶべきなのか悩む人も多いはず。そこで今回は、SEOプラグイン特化した記事を作成しました。そもそもなぜ必要なのか、どれを使えばいいのか、何に注意すればいいのか、初心者がつまずきやすい部分を徹底的に解説したので、最後まで読んで脱初心者を目指しましょう!

 

1.そもそもSEOプラグインとは何なのか 

そもそもプラグインとは、ワードプレスの機能を拡張するためのツールです。最低限の機能を持つワードプレスにプラグインをインストールすることで、手軽にお問い合わせフォームを設置できたり、サイトの表示速度を上げることもできます。

 

そして、SEOプラグインとはワードプレスにおけるSEO対策を効率的に行うためのプラグインを指します。もちろん記事の中身も大切ですが、SEOプラグインを追加するだけで効率的なSEO対策ができるわけです。

 

2.SEOプラグインを入れるべき理由

では具体的にSEOプラグインを導入する理由を3つ説明していきます。

 

2-1.Googleなどの検索エンジンで上位表示させやすい

まず一番大きな理由としては、やはり検索エンジンの上位表示を狙いやすくなるからです。タイトルやディスクリプションの設定が簡単なので検索画面がより魅力的になり、結果的にアクセスの伸びが見込め、上位表示される可能性が高まります。

 

もちろん記事の内容も大切ですが、上位表示を後押ししてくれるツールを入れない手はありません。そうやって多くのアクセスを集め、多くの読者に価値提供をしていきましょう。

 

2-2.ソーシャルメディアの拡散効果を高めることができる

2つ目の理由としては、TwitterやFacebookといったソーシャルメディアとの連携によって広く拡散することができるからです。今や多くの企業や店舗が各種SNSのアカウントを運用し、SEOによる検索からの集客と同様に、人のつながりを介した集客を行なっています。

 

SEOプラグインを利用することで、ソーシャルメディアとの連携が容易になり、読者からの発信を促すことができるようになります。こうして相互に情報を発信していくことで、より円滑なサイト運営をすることができるようになりますよ。

 

2-3.クローラーの巡回を促すことができる

3つ目の理由としては、クローラーの巡回を早めることができるからです。クローラーとは、検索エンジンがWEBページを発見するための仕組みです。どれだけSEO対策をしても、クローラーに見つけてもらわないと検索結果に全く反映されません。

 

そこでSEOプラグインを利用することで、パンくずリストやサイトマップを容易に作成でき、クローラーに認識されやすくなります。適切にSEOプラグインを使用して、いち早くサイトをクローラーに認識してもらいましょう。

 

3.初心者が使うべきおすすめSEOプラグイン5選

それでは、具体的に初心者が使うべきおすすめプラグインを5つ紹介していきます。莫大な数のプラグインから重要なものだけをピックアップしたので、一度参考にしてみてください。

 

3-1.All in One SEO Pack 

おそらく最も多くの人が使っているSEOプラグインが、このAll in One SEO Packです。タイトルやディスクリプション設定、サイトマップの設置など、SEOを高めるための機能はほとんど兼ね備えています。ソーシャル関連の設定も数クリックで完了するので、短時間でSEOを高めることができる優れもの。

 

ただし、初期設定では有効化されていない機能もあるので、手動で有効化することを忘れないようにしましょう。有料版ではサポートサービスやワンランク上の機能を利用できますが、サイト運営初期では無料版でも事足りるでしょう。

 

3-2.Yoast SEO

こちらもAll in One SEO Packと同じく、世界中で利用されているSEOプラグインです。使い方に困った時や操作に慣れていない時でも、管理画面に表示されたヘルプボタンを利用すれば解決できるので、初心者にはありがたいですね。

 

また、2週間ごとにプラグインのアップデートが行われるため、常に快適な操作環境の中で利用できるのも大きな特徴のひとつです。こちらも有料版がありますが買いきりでおよそ1万円なので、サイト運営初心者は無料版から始めてみるといいでしょう。

 

3-3.WordPress Ping Optimizer

こちらのプラグインは、コンテンツ更新直後にPingを送信してくれるプラグインです。Ping送信をすることで、更新したコンテンツがクローラーに見つかりやすくなり、結果的にアクセスアップが見込めます。また、このプラグインを導入することで、Googleからスパムとして認識されることを回避することにもつながります。

 

スパムとして認識された場合、せっかく時間をかけて作成したコンテンツを表示できなくなるので非常にもったいないです。こちらも導入しているユーザーが多いプラグインなので、インストールを検討してみてください。

 

3-4.PubSubHubbub

こちらのプラグインは、サイトのコンテンツ作成後にすぐにGoogleへ通知を送信してくれるプラグインです。これもWordPress Ping Optimizerと同様に、結果的にサイトへのアクセスアップが見込める優れもの。

 

また、コンテンツ完成後すぐに送信することで、仮にコピーコンテンツが出たとしても、自分のサイトがオリジナルだと証明することもできます。インストールして有効化するだけで機能するので、初心者でも設定が楽で即効性のある人気のプラグインとなっています。

 

3-5.WP Fastest Cache

このプラグインは、静的HTMLページを簡単に作成することができます。これをすることで、再訪問の際のページ読み込みスピードを早めることができます。

 

静的HTMLを作成することで、毎回ページを読み込む必要がなくなるわけですね。読み込みに時間がかかるサイトは離脱されやすいので、ページスピードを改善して、より多くの読者にコンテンツを読んでもらうことができます。HTMLやCSSといった知識がなくても利用できるので、初心者はぜひインストールしてみましょう。

 

4.SEOプラグインを利用するときの注意点

ただし、SEOプラグインの導入にあたって、いくつか注意点があります。ここを押さえておかないと不具合が生じる場合があるので、必ず確認しておきましょう。

 

4-1.プラグイン同士の組み合わせに注意する

まず1つ目の注意点は、プラグイン同士の組み合わせを考えるというものです。ワードプレスには複数のテーマがあり、好きなテーマをインストールして利用するのですが、テーマ自体にプラグインの機能を兼ね備えたものもあり、組み合わせによっては不具合を起こす可能性があります。

 

実際に、JINやSANGOといったテーマでは、All in One SEO Packがうまく機能しない、という報告もされています。不具合を避けるためにも、導入するテーマの中に同じような機能がないか事前に確認しておくことが必要です。

 

4-2.定期的にアップデートをする

2つ目の注意点は、定期的なアップデートです。というのも、最新の状態にアップデートしておかないと、悪意を持った第三者にセキュリティ上の欠陥を狙われ、データの不正利用などの危険性があるからです。セキュリティ上の欠陥に自分で気がつくことは難しく、修復も手間がかかるので、必ず定期的にアップデートするようにしましょう。

 

そして、インストールするプラグインは、公式のものやユーザー数の多い信ぴょう性の高いものを心がけましょう。

 

4-3.必要最低限のものだけインストールする

そして3つ目の注意点は、必要最低限のものだけインストールするというものです。というのも、プラグインの入れすぎでサイトの読み込み速度が遅くなる場合があるからです。

 

読み込み速度が遅いとサイトを離脱する読者が増え、結果的にサイトに悪影響を与えます。表示速度がGoogleに与える影響も大きいので、表示速度が遅いと思ったら無駄なプラグインを削除していきましょう。

 

5.まとめ

いかがでしたか?初心者にとってSEOプラグインは一見難しそうで敬遠しやすいですが、ここの設定をするだけで検索順位は大きく変わります。なので、今回開設したことを踏まえて、実際にSEOプラグインを導入していきましょう。