【もう悩まない】コンテンツマーケティングの種類とその選び方【運営方法も解説】

  • コンテンツマーケティングって単語をよく聞くけど、どんな意味なの?
  • どれくらい多くの種類があってどんな特徴があるの?
  • 実際にコンテンツマーケティングに取り組む場合、どうやって運用を進めればいいの?

最近話題のコンテンツマーケティング。時代の流れに乗り遅れまい、と個人を含め多くの企業で取り組む様子が伺えます。しかし、知識もないままとりあえず初めてみるパターンが多く、それが原因で失敗してしまう例が後を絶ちません。

 

そこで今回は、コンテンツマーケティング種類とその使い分け方、具体的な運用方法を解説していきます。3分で読めるように内容を凝縮したので、最後まで読んで時代の波に乗りましょう!

 

1.そもそもコンテンツマーケティングとは何か 

まず前提としてコンテンツマーケティングの定義から確認していきます。この記事を読む上で知っておくべき情報なので、読み飛ばさないでくださいね。

 

結論から言うと、コンテンツマーケティングとは読者に価値の高い情報を発信し続けることで見込み客を獲得し、最終的に商品購入や会員登録につなげる次世代のマーケティング手法のことです。

 

CMや電車内の広告といった従来の手法はマス広告と呼ばれており、ユーザーに対して一方通行の情報提供なので情報が容易に埋もれてしまい、顧客の興味を引きにくく費用対効果が悪いという問題点がありました。スマホを見ていて出てきた広告がウザくなって飛ばす人が増えてきたわけです。

 

そこで出てきたのがコンテンツマーケティング。Google検索を使って情報を探すユーザーに対し、その疑問を解決できるような適切なコンテンツを用意し、読者の満足度を高める。そうして見込み顧客を獲得して優良顧客へと育成し、最終的にCVへとつなげていくわけです。

 

もちろん昨日の今日ですぐに体制は整いませんが、あまりコストをかけずに始めることができ、作成したコンテンツが資産になるので多くの企業が取り組んでいるわけです。

 

2.コンテンツマーケティングの種類

では実際に、コンテンツマーケティングにはどういった種類があるのでしょうか。どういった特徴があり、どんなターゲットに向けて有効かなども合わせて紹介していきます。

 

2-1.オウンドメディア 

オウンドメディアは直訳すると自社や個人が保有するメディアのことです。具体的にはブログや各種SNSがあげられます。これらは顧客との関係性を築いて根強いファンを作るための「発信」の役割を担っていて、低コストで始めることができるのが大きな特徴です。

 

価値あるコンテンツはSNSを通じて拡散されることが多いため、若者を中心としたターゲットに向けた施策として有効です。オウンドメディアに関してはこの記事でより詳しく説明しているので、参考にしてみてください。

 

参考記事:「今さら聞けないオウンドメディアとは?役割や他のメディアとの違いを解説」

 

2-2.動画プロモーション

動画プロモーションは静止画よりも感情に訴えかけやすく、圧倒的な情報量をユーザーに届けることができる点が大きな特徴です。ターゲットとしては、こちらもデジタルネイティブと呼ばれる若者を中心とした層への施策として効果が期待できます。

 

編集などでコストがかかる場合がありますが、2020年東京オリンピックに合わせて高速回線である5Gも普及していくので、ますます動画を使ったプロモーションが増えていくと予想されます。

 

2-3.ホワイトペーパー

ホワイトペーパーとは、主に企業間のやりとり等で利用されるマーケティングツールです。ホワイトペーパーにて見込み顧客の課題を解決するための情報を提供し、その後それを実行する自社コンテンツの提案を行ってCVさせる、という流れでよく利用されます。

 

特徴としては、事実に基づいたデータを凝縮しているため、ユーザーからの満足度・信用度が高くなる点があげられます。B to Bマーケティングには非常に有効な手段と言えます。

 

2-4.メールマガジン

飲食店などによる一斉メール配信は、みなさん馴染深いと思います。新商品発表やイベントの案内などの情報を、好きなタイミングでコストをほとんどかけずにユーザーに届けることができるのが特徴です。また、メール配信のターゲットは多岐に渡るため、配信目的もその都度変える必要があります。

 

すでに関係性ができているターゲットにはCVを目的としたメールを、まだ関係性を築けていないターゲットには認知してもらうメールを、といった具合です。他のマーケティング手法と違って、個別に発信内容を柔軟に変えることができるので、幅広い層をターゲットとすることができます。

 

ただし、従来のマス広告と同様にプッシュ型の広告スタイルなので、メールを開封してもらうためのライティングスキルなどが必要になってきます。

 

2-5.インフォグラフィック

インフォグラフィックとは、ユーザーにとって役立つ情報をデザインで見やすくしたコンテンツです。データや数値といった情報をイラスト化し、視覚的に訴求することができる点が大きな特徴です。

 

一目で理解できるので、幅広いターゲットに対して有効に働きます。制作にはノウハウやコストが必要ですが、一度作成してしまえば何度でも使いまわすことができますよ。

 

3.コンテンツマーケティング運用の流れ

こうした種類の中からコンテンツマーケティングの型を選んだ後はどう運用していけばいいのでしょうか?ここでは運用を成功に導く5つのステップを開設していきます。

 

3-1.ペルソナ設定

まず一番最初のステップは、ペルソナの設定です。というのも、まずターゲットを明確にしないとユーザーが求める情報がつかめず、価値あるコンテンツを提供できないからです。ペルソナ設定では以下の点を最低でも考慮しておきましょう。

  • 年齢や性別、居住地域
  • 価値観や考え方
  • 趣味や嗜好
  • 家族構成

もちろん、自分が取り扱う製品やサービスによって考慮する部分は変わってきます。誰に情報を届けるのかをまずはしっかりと決めることこそが、成功への第一歩ですよ。

 

3-2.カスタマージャーニーの設定

ペルソナが決まったら、続いてカスタマージャーニーの設定です。カスタマージャーニーとは、ペルソナの行動を時系列で可視化したマップのことを表します。これを設定することで、利用者が必要とするコンテンツにたどり着くまでのプロセスを明確にすることができ、よりよいコンテンツ作成につながります。例えば、海外旅行をするユーザーは

  1. 計画前
  2. 計画・情報収集
  3. 予約
  4. 準備
  5. 出発・移動中
  6. 旅行中
  7. 旅行後

という流れで海外旅行を楽しみます。もちろんこれが全てではないですが、一度カスタマージャーニーを設計することで、ペルソナのニーズをより明確にすることができますよ。

 

3-3.コンテンツマップの作成

そうしてカスタマージャーニーを作成した後は、コンテンツマップを作りましょう。コンテンツマップ作成とは、顧客の行動を時系列で可視化し、その顧客のニーズに沿う内容を洗い出す作業のことです。

 

海外旅行の例で考えてみると、予約のフェーズで他よりも安く予約する方法など、移動中のフェーズなら暇つぶしのゲームの紹介といったコンテンツが考えられます。アイデア出しの段階なので、カスタマージャーニーに沿ってどんどん量を出していくことが大切です。

 

3-4.コンテンツのフォーマットを決める

そうして決まった大まかなコンテンツをどのフォーマットで配信するのか決めていきましょう。コンテンツは単なる情報の中身であって、どういった形でユーザーに届けるのかが大切なので、怠ってはいけません。

 

例えば、オウンドメディアの形をとるならWeb記事、ホワイトペーパーの形をとるならPDFといった具合です。コンテンツマーケティングの型によってある程度形式は決まっているので、決めるのはそこまで難しくないでしょう。

 

3-5.運用体制を整える

そうしてフォーマットも決まったら、最後に運用体制を整えていきましょう。というのも、利用者にとって価値あるコンテンツを提供するためには、定期的な更新やカスタマーサポートスタッフなどのチーム運営が欠かせないからです。

 

他にも発信するコンテンツに精通した専門家や広告運用担当者といったチームメンバーも必要でしょう。もちろん一人で全ての役割をまかなうこともできますが、大きなメディアにするのは難しいです。きちんと先を見越したメディア運営を心がけましょう。

 

4.ゼロから始める人にオススメのサービス

「いきなりそんなこと言われても運営難しそう・・・」

そんな方にオススメなサービスを2つ紹介します。キーワード選定から記事の執筆まで一貫したサービスを受けられるので、ゼロから始めようと思っている方は必見です。

 

4-1.ferret One

ferret ONEは、B to B事業のリード獲得に必要な機能を兼ね備えたサービスです。ターゲットのフィルタリングやアクセス解析など、専門知識を持っていなくても簡単にチェックすることができます。

 

他にも、SNS連携投稿昨日で顧客との接点を増やし、自社製品・サービスを周知でき、見込み顧客の獲得につながります。

 

4-2.ザグワークス

ザグワークスは国内最大級の記事作成サービスです。ライターの獲得や発注・納品管理などの面倒な管理を全てザグワークスに丸投げできるので、高品質な記事をストレスフリーに獲得できます。

 

他にも、低価格・スピード納品のオンライン発注プランなど、ニーズに合わせた様々なプランがあるので、一度確認してみるといいでしょう。

 

5.まとめ

いかがでしたか?コンテンツマーケティングにはたくさんの種類がありますが、ユーザーファーストでコンテンツを作成することはどれも共通しています。質の高い情報を提供して、根強いファンを獲得し、健全なメディア運営を心がけてほしいと思います。