【同じミスをしない】コンテンツマーケティング失敗例とその対策【初心者ほど見るべき】

 

  • コンテンツマーケティングってどうやったら成功できるのかな?
  • 始める前に失敗を避ける方法を知りたい
  • メディア運営の成功までの大まかな流れを知りたい

今話題のコンテンツマーケティング。多くの企業をはじめ個人でも取り組む人が増えてきました。どうせ始めるなら成功したいですが、Webを見渡すと明らかな失敗事例が溢れかえっています。そんなたくさんの事例から、失敗に共通する要素を抽出して、同じ過ちを繰り返さないようにすることが大切です。

 

そこで今回は、コンテンツマーケティングの成功までの流れや、失敗事例からその対策まで全て紹介していきます。成功の秘訣を凝縮したメディア運営の教科書のようなものなので、ぜひ最後まで読み進めてほしいと思います。

1.コンテンツマーケティング成功の流れ

まず最初に、コンテンツマーケティングの成功の流れを紹介します。はじめに全体像をつかんでおくことで、どんな施策を取るべきなのかが明確になり、よりよい運営が可能になりますよ。

1-1.見込み客に自社サービスを知ってもらう

まず成功への第一歩として、見込み客に自社サイトを知ってもらう必要があります。そもそも知ってもらわないと何も始まらないからです。今までのようなテレビや新聞に出す広告スタイルは陳腐化してきているので、今後はSNSをうまく活用して集客できるかが鍵になってきます。この記事ではSNSごとの活用法などまとめているので参考にしてみてください。

 

内部リンク

 

SNSを利用するメリットは、広告宣伝費の大幅な削減と幅広いターゲットに情報を届けられる点です。もちろんGoogle検索を利用した流入も大切なので、的的な記事更新を怠ってはいけません。

 

SNSとGoogle検索のどちらに力をいれれるべきかどうかは、メディア運営の時期によって異なります。この記事では、立ち上げ期から運用期にあたってどう集客経路を使い分けるのかを解説しているので要チェックですよ。

 

→オウンドメディア 立ち上げの内部リンク

 

そうやってまず初めに、自社サービスを知ってもらうことが成功への第一歩です。

1-2.圧倒的なブランディング

成功への次なるステップは、圧倒的な自社サイトのブランディングです。専門性の高い記事を蓄積することで、読者が特定のジャンルで悩みを抱えたときに、繰り返しあなたのサイトを訪問するようになるからです。

 

例えば、海外旅行といえば地球の歩き方というレベルまでブランディングができれば、こちらから集客をかけなくても人は集まってきます。もちろんそこまでブランディングされるまでには時間がかかります。

 

昨日の今日で知名度は一気に上がらないので、コツコツ継続することが何よりも大切になってきます。

1-3.売上向上に貢献する

コンテンツマーケティング成功への最後のステップは、売上の向上です。今まで自社サービスを知ってもらったり、ブランディングをしてきたのも全てここにつながります。顧客の役に立つ情報を発信し続けると、このサイトが紹介している商品なら信頼できそうだという印象を与え、売上の向上が見込めるわけですね。

 

そして、一度商品を買ってもらえれば、その後も継続的に商品を購入してくれる良い関係性を築くことができます。もちろん売上向上だけでなく、優秀な人材の獲得といったゴールも考えられます。ここまで見てきた一連の流れが、コンテンツマーケティングの成功への道すじです。

2.コンテンツマーケティング失敗事例5選

成功への道筋がわかったところで、実際にコンテンツマーケティングに失敗する事例と対策を見ていきます。先人がどのように失敗したのかを知ることで、同じ過ちを回避できるので、ぜひ最後まで集中して読んでくださいね。

2-1.ターゲットが広すぎる

まず1つ目の失敗要因としてはターゲットが広すぎることがあげられます。ターゲットが広すぎると、どこにでもあるような情報を列挙した記事になりやすく、読者が飽きやすくなってしまいます。例えば、海外旅行に関する2つの記事があったとします。

 

【ターゲットが広い例】

・海外旅行に行くときの注意点をまとめてみた

【ターゲットが狭い例】

・インドの面白い祭りをまとめてみた

 

こんな風にターゲットが広いとただの事実の列挙だけの記事になりやすいので、後者のように狭いターゲットに絞った記事を書いていきましょう。

2-1-1.その対策方法

対策としては、メディアの発信軸を決めることがあげられます。自分のメディアは何について専門的に発信していくのか、それがブレていると熱狂的なファンができにくく、マネタイズも難しいものになってしまいます。

 

なので、コンテンツマーケティングを始めるときに、どんなジャンルで攻めていくのかを明確にしましょう。

2-2.目標設定が欠けている

コンテンツマーケティングが身近なものになってきた反面、気軽に始めてしまうケースが多いです。それだと向かうべき方向性が不透明で、努力しても徒労に終わる可能性が高いので要注意です。

 

目標設定のないメディア運営は、ゴールのないマラソンのようなものです。あまりに辛すぎます。

2-2-1.その対策方法

対策としては簡単で、メディア運営のゴールを決めましょう。もちろん予算や期間など自分のリソースを踏まえた上でゴールを設定してください。決めるべき要素としては、

  • コンテンツマーケティングに取り組む目的
  • どれくらいの成果をあげる必要があるか
  • どれくらいの期間でその成果を出すのか

少なくともこの3つは事前に決めておきましょう。そうすることで個人でも成功確率を格段に高めることができますよ。

 

また、後で効果測定をするためにも、半年で売り上げ50万のメディアを目指すという風に、数字を用いた目標設定を心がけましょう。

2-3.自分本位のコンテンツになっている

コンテンツマーケティングの失敗要素として多いのが、読者を無視した自分本位のコンテンツになっているパターンです。これだとメディアというより押し売りに近くなってしまいます。

 

商品のアピールをしたい気持ちはわかるのですが、大前提として読者に価値提供をすることを忘れないでください。

2-3-1.その対策方法

対策としては、

  • ユーザーの悩みは何か
  • ユーザーが欲しているのはどんなコンテンツか

これを考え抜いて記事を作成していくことです。自分だったら〜といった感情は考慮せずに、まずはユーザーがどう思うかを第一に考えてください。ユーザーが興味を持って読んでくれないとそもそも何も始まらないので、読者視点でコンテンツを作成することを心がけましょう。

2-4.継続的なコンテンツ配信ができていない

質の高いコンテンツを継続的に発信できなくて失敗するパターンも非常に多いです。継続的なコンテンツ配信をしないと、ファンになってくれた読者が次第に離れていき、さらにGoogleからの評価も下がってしまうからです。

 

毎日有益な情報を配信するサイトと、1ヶ月に1度の配信をするサイトなら明らかに前者の方が信頼度が高いです。なので、定期的にコンテンツを発信できる体制を整えましょう。

2-4-1.その対策方法

そのために取るべき対策は、

  • 誰が編集長なのか
  • 誰がコンテンツを作るのか
  • 誰が保守管理をするのか

などを念入りに決めておきましょう。全てを個人ないしは会社で行うのは難しい場合もあるので、アウトソーシングも検討するといいかもしれませんね。

 

担当者を決めてスケジュール管理を徹底することで、定期的なコンテンツ配信ができるようになりますよ。

2-5.効果測定をしていない

コンテンツマーケティングにおいて、ゴール設定が大切だという話をしました。ゴールとしては売り上げ金額やPV数などがあげられますが、効果測定をしないとそれらが達成されたかどうか分かりません。

 

効果測定をやらないと、意味のない施策をひたすら取り組み続けて予算がなくなってしまった・・・なんてことにもなりかねないので要注意です。

2-5-1.その対策方法

コンテンツマーケティングの目標設定の際に、効果測定をするタイミングも合わせて決めておきましょう。そうやって目標までの日数を細かく区切って取り組むことでモチベーションの維持にもつながり、一石二鳥です。

 

効果測定をするまでが試行錯誤です。やりっぱなしは一番良くありませんよ。こういった失敗事例を踏まえて、実際にメディアを立ち上げるステップをこの記事でわかりやすくまとめているので、参考にしてみてください。

 

→オウンドメディア 立ち上げの内部リンク

3.まとめ

コンテンツマーケティングが失敗する要因としては、

  1. ターゲットが広すぎる
  2. 目標設定が欠けている
  3. 自分本位のコンテンツになっている
  4. 継続的なコンテンツ配信ができていない
  5. 効果測定をしていない

この5つを踏まえるだけで、多くの人が経験してきた失敗を事前に避けることができます。多くの失敗をしろと言われますが、予想できる失敗は金銭的にも時間的にももったいないのでぜひとも避けましょう。