【初心者向け】ブログ記事の最適な文字数はこれだ!挫折しないための考え方

  • ブログを書こうと思ったけど、具体的に何文字がいいのかわからない・・・
  • 初心者で右も左も分からないから、ひとつの目安を知りたい・・・
  • 何文字くらい書けばGoogleに評価されるのかな?

 

ブログを始めた初心者にとって大きな悩みなのが、ブログを書くときの文字数ではないでしょうか?

 

  • 人に読まれやすい文字数
  • 上位表示されやすい文字数
  • ブログでベストな文字数

 

などなど、結局何文字書けばいいのか疑問に思うでしょう。結論から言うと、全てのブログに当てはまる最適な文字数はこの世に存在しません。それはユーザーが必要としている情報によって変化するからです。

 

そこで本記事では、ブログの文字数を気にする理由や記事を書くときの注意点を初心者向けにわかりやすく解説していきます!2分くらいで読めるように大事な要素をぎゅっと凝縮しました。

 

1.なぜブログの文字数を気にする必要がある?

そもそもなぜブログの文字数を気にする必要があるのでしょうか?その理由を説明します。

1−1.読者のニーズを満たす必要がある

まず、あなたが文章を書いて情報発信するのは、読者のニーズを満たすためです。決して自分の書きたいことをただ書く、そんな自己満足のためではありあません。読者は、

 

  1. 何かの疑問を持って検索する
  2. あなたの記事のタイトルを見てサイトに訪問する
  3. 疑問を解決する

 

という一連の流れで行動します。読者の疑問は1つとは限らず、複数の場合もあります。例えば、「勉強できない 子供」で調べた読者のニーズは、

 

  • 子供に勉強させる方法を知りたい
  • 他の家庭はどうなのか知りたい
  • 頭にいい食材を知りたい

・・・

 

などなどたくさんあります。網羅的に読者のニーズを満たすことが大事であり、それらを全部書こうとすると必然的に文字数は増えてしまいます。意図的に文字数を増やしているのではなく、ニーズを満たそうとした結果文字数が増えるんですね。

1−2.ニーズを満たす記事は上位表示されやすい

そうして読者のニーズを網羅的に満たす記事は、Googleから「内容が充実していて読者のためになっている」という高評価を受けて、上位表示されやすくなります。というのも、Googleも他の検索エンジン(SafariやYahoo!)に負けないように、ニーズを満たす質が高い記事を上位表示して、利用者を増やそうとしているからです。

 

じゃあ情報をできるだけ詰め込んで何万文字も書けば、読者のニーズを網羅的に解決できて、1位をとれるのでは?そう思うかもしれませんが、実は、長すぎても意味がないんです。

 

1−3.長すぎてもダメ!最適な文字数を心がける

どんな文章でも、無理やり長く伸ばすことは可能です。たとえどんなジャンルの記事を書くとしても、無理やり文章を長く伸ばすことは不可能ではありません。

 

こんな風に余計な単語や言い回しを工夫すれば、文章なんていくらでも長くできます。そうやって文章を長くしても、読者は最後まで読んでくれません。なぜなら、ブログを読んでいる人は時間が限られているからです。

 

欲しい情報がある人は、次から次へと複数のサイトを訪問します。情報をこれでもかと詰め込んだ、ニーズを網羅した文章を書いても、あまりに長すぎて読んでくれなければ意味がないんですね。なので、短い文章でも読者が欲している情報を載せているなら、それが最適な文字数なわけです。

 

むやみに文字数を増やすのではなく、洗練された文章を心がけましょう。

2.最適なブログの文字数って何文字?

読者のニーズを満たすのなら何文字でもいい!とは言ったものの、ブログ初心者にとってある程度の目安がないと不安になりますよね。なので、次に具体的にどれくらいの文字数をかけばいいのかを紹介します。

2−1.上位ページの平均文字数をリサーチする

まずは、自分が書きたいキーワードをググって上位表示されたページの平均文字数をリサーチしましょう。

 

この記事は「ブログ 文字数」をキーワードとしていて、上位表示の記事の文字数は大体2,000文字でした。なので、読者が必要としているニーズを解決するために最低でもそれくらい書く必要がありそうだと目安が分かるのです。

 

2−2.実際に書いてみる

そうやって記事のボリューム感をリサーチした後は、実際に自分で記事を書いてみましょう。読者のニーズをまずは明確にして、それに応える形で記事を執筆していき、平均文字数とのズレを確認するのがオススメです。

2−3.滞在時間やヒートマップで分析をする

そうやって記事を書いたら次にやるべきは効果検証です。Googleアナリティクスを利用して記事の滞在時間を測ったり、ヒートマップを使って読者が記事のどの部分に注目しているのかを明確にしましょう。

 

そうやって数字に落とし込んで視覚化することで、次に繋げる対策が立てやすくなりますよ。

3. 実際に書くときの注意点

ここでは実際に記事を書くときの注意点を2つ紹介します。

3-1. 記事の構成をよく考える

初心者がやりがちなミス一つに、構成を考えずに闇雲に書いていくことがあげられます。記事の構成を決めずに適当に書き出してしまうと、何が言いたいのかわからない記事になって、結局読者が途中で離脱してしまいます。

 

なので、効率よく記事作成をするためにも、以下の5つの流れで記事執筆を進めていきましょう。

 

  1. ポジションを決める
  2. タイトルの前半にキーワードを配置
  3. リード文で内容を簡潔に伝える
  4. 見出しを先に作る
  5. まとめはタイトルと同じ内容で

 

詳細はこの記事を参考にしてみてください。

 

【3分で完全理解】ブログ記事構成の簡単5ステップ【実例で解説します】

3-2. 文字数稼ぎをしない

3,000文字まであとちょっとだ、何を付け足そうかな・・・

そうやって自分が文字数稼ぎをしようとするその瞬間から、読者を無視した記事になってしまいます。文字数が長くなると、読者に負担がかかり離脱率も上がってしまう可能性が高まるので、百害あって一利なしです。

 

大切なのは文字数ではなく、いかに読者に寄り添った記事かどうか。参考までに、「ブログ 文字数」で検索トップのこの記事は全体で1,500文字ほどと、他のサイトよりも少ない文字数です。

 

「ブログ記事の文字数って何文字がいいの?やっぱり長いほうがいいの?」(https://hitodeblog.com/blog-mozisuu

 

なので、変にGoogleに気に入ってもらうために文字数を増やすのは絶対にやめましょう!

 

4. まとめ

必要以上に文字数は気にせず、読者のニーズを満たすものを書いていけば必ず結果に繋がります。ブログ初心者のひとつの目安としては、最低1,500文字を意識して執筆していきましょう!