【3分で理解】ブログの毎日更新は意味があるの?継続する5つのコツを大公開【初心者必見】

  • ブログって毎日更新する必要あるの?
  • 毎日更新ってめんどくさいな・・・継続するコツを知りたい
  • そもそもなんで毎日更新が大事って言われてるの?

ネットの普及とともに、ブログで発信をする人が増えてきました。有名なブロガーは毎日更新をしているし、自分も見習って毎日更新をしようと考える人も少なくありません。でも毎日更新となるとめんどうだし、やる意味あるの?という疑問に思う人もいるでしょう。

 

そこで今回は、ブログを毎日更新する必要があるのかどうかを理由とともに解説し、めんどうな記事執筆を継続して行うテクニックも合わせて紹介していきます。サクッと3分で読んで、ストレスなく記事を書けるようになって、ブログで収益を上げていきましょう!

 

1.ブログは毎日更新するべきか

個人的な見解から先に言うと、毎日更新をする必要はありません。というのも、毎日更新よりも、質が高く読者にしっかりと価値提供できるかどうかが大切だからです。

 

毎日内容の薄い発信をするよりも、週に1回でも質の高い情報を発信する方が読者にとって有益であり、自分のファンとなってくれる可能性が高いですよね。ただし、あまりに投稿頻度が低いと、数ある情報の波に飲まれてファンとして定着しにくいので、可能な限り毎日更新を続ける姿勢が大切になってきます。

 

毎日更新はあくまで手段であり、本質的な問題ではありません。大切なのは読者にしっかりと価値を届けることです。それを忘れないようにしてください。

 

2.なぜ毎日更新が大事だと言われているのか

あくまで手段でしかない毎日更新が、なぜここまで重要だと言われているのでしょうか?大きく4つ理由があるので、ひとつずつ解説していきます。

2-1.文章力が向上するから

まず当たり前ですが、文章力がアップするからです。記事執筆は勉強やスポーツと同じで、やればやるだけ上達します。文章力が上がれば読者を惹きつける文章を書けるようになり、滞在時間やPV数などが増えて質の高いブログ運営が可能になります。

 

週1で更新する人と毎日更新する人では、文章力の成長スピードには雲泥の差が出てくるので、毎日更新が好ましいと言われているんですね。

 

2-2.文章を書く抵抗が減るから

2つ目の理由としては、記事執筆をする抵抗がなくなるからです。ブログを始めた頃は記事を書くまでの心理的なハードルが高いですが、毎日更新をすると記事執筆が習慣になり、徐々にハードルが低くなっていきます。

 

もちろん人によって個人差はありますが、1ヶ月ほど毎日更新を続けると文章を書く苦痛が消えていきます。記事執筆の抵抗がなくなれば、質の高い記事を量産することにつながりますよ。

 

2-3.読者の日常に溶け込めるから

3つ目の理由としては、毎日更新をすることで読者の日常に溶け込むことができ、安定したアクセスが見込めるからです。人気のYoutuberは毎日同じ時間に投稿をして、閲覧者の生活の中に自分のコンテンツを組み込んでいます。

 

もちろん、初心者がいきなりそこを目指すのは難しいですが、毎日更新を続けて地道にファンを獲得することが大切です。

 

2-4.自分なりの型ができるから

4つ目の理由としては、毎日更新をすることで自分なりの記事執筆の型が完成するからです。ブログを始めたばかりの頃は、記事の全体像を考えずに闇雲に記事執筆をしやすいですが、毎日更新を続けるとどういった構成・文体で記事を書くのか、という自分なりの型が見つかります。

 

型が見つかって自分のものとしてしまえば、記事執筆にかかる時間も短縮でき、さらには読みやすくて質の高い文章を書くことができるので毎日更新のハードルが下がりますよ。

 

3.毎日記事を書き続ける5つのコツ

毎日更新が大切な理由を知ったとしても、やはり継続して記事を書くのは面倒ですよね。そこで、どんな怠け者でも毎日記事更新を続けることができるコツを5つ紹介していきます。それでは早速見ていきましょう!

 

3-1.記事執筆を細分化する

継続して記事執筆をするために必要なのが、この細分化です。というのも、毎日情報収集をして文章の構成を考えて、記事を書いてサムネイルなどのレイアウトを整えるといった一連の作業ができればいいのですが、それだけ工程が多いと面倒に感じるからです。

 

なので、平日にネタを集めて記事の構成を考え、週末に1週間分の記事をライティングする、といった方法がオススメです。ブログは基本的に予約投稿できるので、この機能を上手に使って毎日投稿していきましょう。

 

3-2.記事執筆の型を身につける

繰り返しになりますが、記事執筆の型を一刻も早く身につけましょう。というのも、ある程度の方があると、それに沿って記事を書いていけばいいので悩む時間が減るからです。例えば、文章を書くときに僕は、

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例
  4. 批判への対応
  5. 再度主張

この5つの流れを強く意識しています。もちろん全ての文章をこの流れで書く必要はないのですが、基本的な構造を決めておくメリットは十分大きいと思います。

 

なので、リサーチや記事構成についても同様に型を決めておくと、大幅に執筆時間を減らすことができますよ。

 

3-3.素早いタイピングを身につける 

一記事を書き上げるのに基本的に数時間かかるので、それが面倒で毎日更新が難しいと考える人もいるようです。そんな人ほど素早いタイピングを身につけましょう。というのも、記事執筆においてリサーチや記事構成を考えるよりも、タイピングをしている時間が一番長いからです。

 

一番時間を短縮できる可能性を秘めていて、練習すればするだけ記事執筆の時間を短縮することができます。タイピングだけ早くてもいい記事を書くことはできませんが、継続して質の高い記事を書くためにも素早いタイピングは必要不可欠です。

 

寿司打というタイピング練習サイトが有名なので、毎日少しでもいいので取り組むようにしましょう。

 

3-4.ショートカットを身につける

タイピングよりも労力をかけずに時間短縮が期待できるのがショートカット。普段1分かかる作業をショートカットで10秒に短縮できたのなら、単純に作業時間は6分の1になります。

 

初めのうちは慣れるまでかえって時間がかかるかもしれませんが、1週間もすれば頭を使わずに手が勝手に動きます。チリも積もれば山となる。小さな作業をひとつずつ効率化していけば、大きな時間短縮になりますよ。

 

そうやって記事執筆の時間を短縮できれば、精神的なハードルが下がって毎日更新しやすくなりますよ。

 

3-5.感情よりも数字で考える

毎日更新していく中で、こんなに頑張って意味があるのだろうか?と疑問に感じることもあるでしょう。そういう時こそ、感情ではなく客観的な数字で物事を判断するべきです。というのも、自分の感情に任せると、辞める理由を簡単に見つけることができるからです。

 

今日は忙しかった、なんか気分が乗らなかった、そんな風に自分で自分を守る理由なんていくらでも見つかります。しかし、数字は正直です。自分の記事がどれだけ読まれるようになったのか、毎日投稿をやめたらどれだけ読者が減ったのか。すべて数字が教えてくれます。

 

そういった数字を見ると努力が実を結ぶ実感が湧くので、継続するモチベーションになります。なので、その時々の感情に任せるのではなく、数字で判断することを忘れないようにしてください。

 

4.まとめ

毎日更新するよりも、質の高い情報を読者に届ける方が大切です。ですが、毎日更新をすることで得られるメリットがたくさん存在し、結果的に読者に価値提供をすることができます。

 

初心者ほどそこを混同しないように注意してください。そして、今回紹介したテクニックを使って定期的に情報発信をして、読者の役に立つブログ運営を心がけましょう。