【ブログめんどくさい】を瞬時に卒業できる4つの方法とブログで成功する人の考え方

  • 副業としてブログを書こうと思ったけど、やっぱりめんどくさい・・・
  • ブログを継続してかけるコツがあったらぜひとも知りたい
  • とにかく早く記事を書けるようになりたい

 

最近はブログ運営をする人が増えてきましたが、そのほとんどは2〜3ヶ月もしないうちに辞めてしまいます。

 

「ブログを毎日更新して、本業よりも稼いで早くあんな会社辞めてやる!」「主婦だけど家事の合間に記事を書いて、自分の収入が欲しい!」

 

最初のモチベーションは高いのですが、だんだん気が抜けて後回しになりがちですよね。その原因はずばり、「ブログを書くのがめんどくさい」からです。心の底からブログを書くことが大好きな人はごくわずかです。ただ、それ以外の人でも成功できるのがブログのいいところ。

 

そこで今回は、ブログを書く時間を大幅に短縮して、スイスイとブログを書くことができるコツを紹介していきます!この記事を読めばざっと1時間は記事執筆の時間を短縮できるので、ぜひ最後まで飽きずにお読みください!

1.ブログを書くのがめんどくさい5つの理由

ここではブログを書くのがめんどうだと感じる5つの理由を解説していきます。きちんと理由を知れば対策なんて立てるのは簡単ですよ。

1−1.書くネタを探すのに時間がかかるから

ブログがめんどうだと感じる理由の1つ目はずばり、ネタ集めに時間がかかるからです。そこで時間がかかると先が思いやられ、記事執筆が面倒に感じてしまいます。

ブログを書こうと重い腰をあげてキーボードに手を置いた時、全くネタが思いつかずその場でロボットのように固まることはありませんか?もちろん、記事を書こうとする姿勢は素晴らしいですが、見通しを立てずに闇雲に書き始めてしまうのは非効率的です。

なので、記事を継続して書き続けるためにも、書くネタを普段から蓄積しておくことが大事になってきます。自分なりの情報収拾パターンが決まっていると、ネタに困らないのでスムーズに書き進めることができますよ。

1−2.リサーチに時間がかかるから

ブログがめんどくさい2つ目の理由は、リサーチに時間がかかるからです。狙うキーワードの上位表示のページをひとつずつ確認するのってとてもめんどくさいですよね。

 

初心者がよくやるミスとして、上位表示の記事全文に目を通すことが挙げられます。それだともちろん時間もかかるし、何より情報量が多すぎて頭も疲れてしまいます。

 

なので、上位表示の記事の見出しだけを確認して、その記事の構成を掴むことがオススメです。上位表示の記事の構成がどうなっているのかを把握して、それらとは違うポジションをとって記事執筆をすると、個性が出てGoogleに評価されやすくもなりますよ。

1−3.記事構成に時間がかかるから

リサーチを踏まえて記事構成をする際に時間がかかることもひとつの原因としてあげられます。リサーチした多くの情報をうまくまとめられず、一貫性のない構成を作って何度もやりなおすからです。

 

そうやって何度もやり直すと楽をしたいのが人の性。そういう人は、上位表示の記事の構成と全く同じ記事を書く傾向にあるので要注意です。真似することはもちろん大事ですが、思考放棄してパクることに慣れると、自分で構成を考える力が一向につかないからです。

 

記事構成についてはこの記事(【3分で完全理解】ブログ記事構成の簡単5ステップ【実例で解説します】)を参考にすれば、初心者でも簡単にストレスなく記事作成ができますよ。

1−4.文字を書くのに時間がかかるから

記事を書くときに避けて通れないのがタイピング。これが遅いと当たり前ですが執筆に時間がかかってしまいます。同じ3,000文字の文章を打つ時も、タイピングが早い人と遅い人で1時間以上の差が出てしまいます。

 

リサーチや記事構成よりも記事執筆の時間を短縮する可能性を秘めているので、バカにせずこつこつ訓練していきましょう。

1−5.レイアウトに時間がかかるから

リサーチをして構成を決めて文章を打ってもまだ記事を投稿できません。最後に残っているのがこのレイアウトです。強調したいところの文字を大きくしたり色を付けたり、はたまたサムネイルを含めた画像を自分で作ったりと意外と時間がかかってしまいます。

 

さらに、レイアウトには終わりがありません。自己満足で膨大な時間をかけてしまうこともあります。ただ、ここが雑だと読者に良くない印象を与えてしまい、記事を最後まで読んでもらえない可能性があるので、決して手を抜いてはいけません。

 

自分の中である程度レイアウトのパターンを作っておくと便利ですよ。

2.時間短縮するためにできること

上で説明した通り、記事執筆が面倒だと感じる大きな原因は時間がかかるからです。では、時間を削減するために何を意識すればいいのかをここで紹介していきます。

2−1.型を身につける

時間短縮するオススメの方法は、記事執筆の型を身につけることです。ある程度の型があれば、それに沿って記事を書けばいいので悩む時間が減るからです。例えば、文章を書くときに僕は、

 

  1. 主張
  2. 理由
  3. 具体例
  4. 批判への対応
  5. 再度主張

 

この5つの流れを強く意識しています。もちろん全ての文章をこの流れで書く必要はないのですが、基本的な構造を決めておくメリットは十分大きいと思います。

 

なので、リサーチや記事構成についても同様に型を決めておくと、大幅に執筆時間を減らすことができますよ。

2−2.タイピングを身につける

ブログで飯を食っていきたいのなら、やはりタイピングの練習は必要不可欠です。リサーチや記事構成よりも、タイピングをしている時間が一番長いからです。

 

タイピングの練習として「寿司打」が有名なので、ゲーム感覚で1日10分でもいいので取り組んでみてください。タイピングだけ早くてもいい記事は書けませんが、いい記事を継続して書くためには早いタイピングは必要です。甘く見ないできちんと練習していきましょう。

2−3.ショートカットを身につける

何気に時間短縮を期待できるのがこのショートカット。普段1分かかる作業をショートカットで10秒に短縮できたのなら、単純に作業時間は6分の1になります。

 

初めのうちは慣れるまでかえって時間がかかるかもしれませんが、1週間もすれば頭を使わずに手が勝手に動きます。チリも積もれば山となる。小さな作業をひとつずつ効率化していけば、大きな時間短縮になりますよ。

2−4.手を抜く力を身につける

記事執筆の手間を省く方法として、手を抜くことがあげられます。というのも、完璧を目指しすぎて文章を何度も書き換えたり、デザインを編集し続けたりして、時間を食ってしまうからです。

 

そもそも記事は読者のために書くもので、読んでもらう前から完璧だなんてことわかるわけありません。大事なのは、まず記事を公開してデータを確認して、問題点があれば改善していく。その試行錯誤こそ、記事をよりよいものにしていくので、あまり完璧を目指しすぎずにいい意味で手を抜くようにしましょう。

3.ブログを継続するための考え方

時間短縮以外にブログを継続する方法はあるの?記事を書く時間が短縮されれば、とっかかりのハードルはだいぶ下がりますよね。ただ、それだけではブログを継続して書き続けるのは難しいかもしれません。

 

時間短縮をするテクニックよりも大事なのが、ブログに対する考え方です。よくマインドセットと言われますが、これが記事更新には一番大事なので、ここで紹介していきます。

3−1.記事を書く作業を細分化する

そもそもの考え方として、毎日1記事を書かないといけないと思うのは良くありません。というのも、毎日情報収集して文章の構成を考えて、記事を書いてレイアウトを整えるとった一連の作業ができればいいのですが、それだけ工程が多いとめんどくさいからです。

 

なので、記事を書く作業を細分化していくことがオススメです。平日にネタを集めて記事の構成を考えておき、週末に一週間分の記事を作成するという方法です。ブログには予約投稿という機能があるので、これを使えば特に作業せずとも、次の週に毎日投稿することができます。

 

1日で全ての作業を終えるのはやはり大変なので、作業を曜日ごとに分担して取り組んでみましょう。

3−2.感情よりも数字で考える

「ブログって書き続けて意味があるのかな?」

 

そうやって感情で考えると継続して記事を書くことができません。というのも、辞める理由を見つけることが容易だからです。

 

今日は忙しかった。今日は仕事頑張ったから1日オフにしよう。そんな風に少しずつ怠けてしまいます。そんな時こそ、感情ではなく数字で物事を考えてみましょう。

 

数字は正直です。自分の記事がどれだけ読まれるようになったのか、毎日投稿をやめたらどれだけ読者が減ったのか。すべて数字が代弁してくれます。そういった数字を見ると努力が実を結ぶ実感が湧くので、継続するモチベーションになります。

 

なので、その時々の感情に任せるのではなく、数字で判断することを忘れないようにしてください。

3−3.書くことを習慣化する

最後はやはり、書くことの習慣化です。習慣化さえされればもう継続うんぬんなんて気になりません。毎日ご飯を食べたり、歯を磨いたりすることは習慣化されているので、継続することが全く苦ではありません。記事執筆もそれくらい習慣化されれば問題ないわけです。

 

そのためにも、まずは3ヶ月頑張ってみること。3ヶ月きちんと継続できれば、習慣化されることに加えてPVが時間の経過とともに伸びる様子を確認できるからです。

 

イエットも英語の勉強も、記事執筆もまずは2〜3ヶ月ほど取り組んでみましょう。

4.まとめ

記事執筆の時間短縮とマインドセットを身につければ、継続更新も夢ではありません。とりあえず、まずは2〜3ヶ月頑張ってみること。千里の道も一歩から、ですよ。