• SEO
  • 2019.05.31

【徹底解説】ブログPVの意味と上げる方法3選【初心者の戦い方も合わせて紹介】

  • PVってよく聞くけど、実際どういう意味なの?
  • PVってなんで頑張ってあげないとダメなの?
  • UUとか聞くけど、PVとは何が違うの?

 

最近は副業でブログを始める人が増えてきましたが、PVやUUといった用語を知らないまま頑張っている人が多い印象を受けます。よく使われるワードを知った上で取り組んだ方が、アドバイスを受けた時も吸収スピードが上がり、早めに成果を出すことができますよ。

 

なので今回は、PVとはなんなのか、どうすれば効率よくPVを上げることができるのかを紹介していきます。挫折しないために、初心者がどうやって戦えばいいのかも最後に説明しているので、3分でサクッと読んじゃいましょう!

1.そもそもPVって何?

PVとはページビューの頭文字を取ったもので、そのブログやサイトの記事がどれくらい読まれたのかを表す指標です。

 

例えば、ある訪問者があなたのサイトを10記事読めば10PVとなります。もちろん10人の読者がひとり1記事ずつ読んでも10PVとなりますが、Google的に評価が高いのは前者です。というのも、たった1記事で閉じられるサイトよりも何記事も読まれるサイトの方が有益だと判断するからです。

 

なので、高い評価を得るためにも、まずはPV数を上げること。さらには、他の記事も読んでもらえるような質の高いコンテンツを蓄積することが、ブログで成功するためには大切です。

2.PVから得られる収益はいくらくらい?

では、実際にPVを上げていくと収益がいくらくらい入るのでしょうか?Google Adsenseをメインとした場合は、1PVあたり約0.2円と言われています。月に10万PVあるサイトは、アドセンスで2万円ほどの収益を上げることができるわけです。

 

個人のブログだと良くても10万PVほどなので、それだけで生計を立てるのは少し難しい印象です。しかし、同じ10万PVでもアフィリエイトの案件をうまく利用すれば十分独立して生活することができます。

 

こうしたサイトは1PVあたり約3円ほどの収益を上げられるイメージを持つといいでしょう。こんな風にサイトのマネタイズ方法によって入っている収益は大きく変わるんですね。

3.PVを上げる3つのポイント

では実際にどうやってPVを上げていけばいいのかを、3つのポイントにまとめました。ここがずれていると読者がすぐに離脱する中身のないコンテンツとなってしまうので要注意です。

3−1.キーワードを決める

まず大事なことはキーワードを決めることです。キーワードがあいまいだと記事全体を通して何を伝えたいのかぼんやりしてしまいます。また、初心者にオススメなのが、3つのキーワードを掛け合わせるという方法です。

 

  • 2つのキーワードの掛け合わせ「大学生 海外旅行」
  • 3つのキーワードの掛け合わせ「大学生 海外旅行 健康」

 

こんな感じです。こうすると何がいいかというと、読者の悩みが明確で書く内容もカチッと決まるからです。「大学生 海外旅行」だと、以下のような悩みが考えられます。

 

  • 海外旅行で行くならどの国か
  • 海外旅行で費用を抑えるポイント
  • 大学生だから行っておくべき国
  • ひとりで行っても安全な国

 

こんな風に色々と悩みが出てきてひとつに絞ることができずに、情報だけがつめこまれたサイトになりやすいです。

 

大学生 海外旅行 健康」だと、大学生が海外旅行に行くときの健康にまつわる悩みを解決すればいいので、書きやすいです。そうやって小さなボリュームのワードを狙って記事を書き続け、小さな成功体験を増やしていくことが大切ですよ。

3−2.リサーチ・構成に注意して記事を書く

そうやってキーワードが決まったら、実際に記事を書いていきましょう。ただし、その際はリサーチと構成に注意してください。というのも、競合に勝ってPVを上げるためです。

 

リサーチ不足だと、競合サイトと同じ情報を列挙するだけのコピーサイトとなる可能性があり、それだと無駄な争いをしてしまいます。また、構成が雑だと読者が読みにくさを感じて途中で離脱してしまいます。

 

もちろん、リサーチと構成に時間をかけすぎて執筆に移れないのは避けるべきですが、ある程度は必要です。これらの記事リサーチや記事構成に関する効率的な方法に関してまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

→リサーチと記事構成のリンク

 

3−3.記事の順位を確認する

記事を書き終えて公開したら、定期的に自分の記事の順位を確認しましょう。自分の記事に対するGoogleの評価がわかり、ブログの運営の方向性が合っているのか確認できるからです。

 

具体的には、記事を公開してから3ヶ月ほどで順位が変動するので、そのタイミングでチェックを行ってください。PVを確認するためにはGoogleアナリティクスというツールを使いましょう。何やら難しそうに感じるかもしれませんが、すごく簡単なので実際に取り組んでみてくださいね。

4.PV数の確認方法

GoogleアナリティクスでPV数を調べる方法は2ステップです。

 

まずGoogleアナリティクスにログインした後、ユーザー欄から概要をクリックします。そして、そこのページビュー数と書かれているものがあなたのサイトのPV数になります。定期的にPV 数を確認し、自分が取り組んだ施策が効果があったのかどうかを調べるようにしましょう。

 

また、ユーザーの欄の数字はサイトを訪問したユニークユーザー数を表しています。UU(ユニークユーザー)はサイトの訪問者数のことであり、PV数とも相関があります。一般的にどちらも多ければ多いほど優れたサイトなのですが、「100PV100UU」はあまりいいサイトではありません。

 

というのも、100人がサイトを訪れて100ページ読んだということは、直帰率が100%というわけです。どの人も他の記事を読まなかったということは、それだけそのサイトの魅力がないとGoogleに判断されてしまいます。

 

なので、PVをUUで割った数字が1よりも大きければ大きいほどいいサイトなので、ひとつの判断軸としてみてください。

5.初心者の戦い方

そうやって記事を書いてPV数やUU数を確認しても、一向に伸びていかない・・・

 

初心者は選ぶテーマを間違えれば、ずっとPV数が上がらずにやる気がなくなってしまいます。なので、ここでは初心者がどうすればブログという戦場で生き残っていけるのかを紹介していきます。

5−1.過去の自分がリサーチを終えている分野

誰にでも好きなことや昔ハマったことなどあると思います。そういった分野では、実際の体験や当時困って調べていたことなど、すべてが記事のネタになります。

 

リサーチが不要というより、すでに昔の自分がリサーチを終えているわけです。そして、記事を書くターゲットはそれで悩んでいた昔の自分です。すると、自分の経験が最大限生かされて、オリジナリティのある差別化された記事を作成することが可能ですよ。

 

いきなり経験もないのに、「大学生 海外旅行」というワードを狙っても勝てるわけありません。なので、まずは今までの自分が体験してきたことを中心に記事を書いていきましょう。

5−2.リサーチが苦ではない分野

今までそんなハマったこともないしリサーチを終えていることなんてない!という人は、自分が興味ある分野でも大丈夫です。興味がある=調べて勉強することが苦ではないという場合が多いからです。

 

初心者なのに大丈夫かな?と思うかもしれませんが、リサーチをして記事を書く力は遅かれ早かれ必要となるので、個人的にはおすすめです。仮に失敗しても、「この方法ではうまくいかなかった」という情報は次に繋がる貴重な経験です。

 

なので、リサーチが苦ではない分野で攻めるのもありだと思います。

5−3.それらを3つのキーワードで

先ほども伝えましたが、やはり初心者ほど検索ボリュームが小さいワードを狙うべきです。というのも、大きなキーワードは企業やブロブロガーがせっせとお金と時間と経験をかけて書いているからです。

 

「海外旅行 クレジットカード」なんてキーワードは企業が圧倒的に強いので、初心者は「海外旅行 トラブル お腹痛い」などの体験談に基づく記事作成を心がけましょう。

6.まとめ

ブログのPVは多ければ多いほどいいのですが、それと同時に読者のサイト内回遊率も高めていきましょう。そのためにも、自分が過去に経験した内容を過去の自分に向けて記事を書いたり、質の高いコンテンツ作成を意識してきましょう。

 

そうすれば自ずと検索順位も上がっていき、多くの読者が訪れる人気のサイトになること間違いなしです。